雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

舞楽の装束は色もかたちも鮮やか

『青海波(せいがいは)』

雅楽では、美しい装束も見どころの一つです。舞う人だけでなく、歌う人や楽器を奏する人も、それぞれの装束を身に着けます。

なかでも、舞楽の装束はひときわ鮮やかで、いろいろな種類があります。演目によって着用される面や舞具も、意匠を凝らしたものです。舞楽は、左方と右方の2つに分かれますが、唐楽を用いる左舞では、赤系統の装束が基本、一方、高麗楽を用いる右舞では、緑系統の装束が基本です。

舞楽の大半の演目で用いるのが、襲(かさね)装束です。常(つね)装束とも呼ばれ、器楽演奏をする管方(かんがた)もこれを身につけることが通例です。鳥獣や草花などを円形に描いた文様がつくのが、蛮絵(ばんえ)装束で、やはりいくつかの演目で用いられます。ある特定の演目だけに用いられるものを、別(べつ)装束あるいは別様(べつよう)装束と呼びます。いくつかの別装束があるなか、細長い布の中央の穴に頭を通す様式のものは、とくに裲襠(りょうとう)装束ともいわれます。

日本古来の歌や舞における舞人の装束は、簡素で高雅なものになっています

時代性や地域性を反映する装束

奈良時代に唐の影響を受けた宮廷の装束は、平安時代に日本独自の様式へと整えられ、華麗で柔らかいフォルムの装束が生まれます。その後は、武士の台頭を受け、かっちりとした堅めの装束が好まれるようになりました。

雅楽の装束も、このような時代による変化を反映し、アジア各地の風土を感じさせるものから、官人や武官の正装に由来するものまで、多様な発展を遂げたのです。

舞楽で用いられる面も、人の顔を模したものから、動物や架空の聖獣をかたどったものまで、たいへん多彩です。舞に合わせ、目や顎の部分が動くものもあります。演目ごとに個別の面が用意されることが基本となり、演目によっては、絹を張った紙に抽象化した人の顔を描いた特殊な面も用いられます。

ページの先頭に戻る