雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

演奏のかたち 付物と拍子

声楽である催馬楽(さいばら)と朗詠には、「付物(つけもの)」と呼ばれる伴奏や助奏の楽器がともないます。とくに催馬楽では、主唱者が拍子をとる笏拍子(しゃくびょうし)を打ちながら、声を中心とする独自の音楽を作り上げています。

歌謡の付物

歌謡の伴奏に用いられる楽器を付物(つけもの)といいます。催馬楽(さいばら)の付物は、笙(しょう)・篳篥(ひちりき)・龍笛(りゅうてき)の各1管と、琵琶(びわ)・箏(そう)で編成され、このほかに歌の主唱者は笏拍子(しゃくびょうし)を打ちます。

一方の朗詠は絃楽器と打楽器を用いず、笙・篳篥・龍笛がそれぞれ1管のみで編成されます。

リズムの特徴や拍子

笏拍子

同じ歌謡であっても、催馬楽は一定のリズムがある軽快な音楽で、朗詠は定まったリズムの型を持たずゆったりとした音楽です。

催馬楽と朗詠を比べると、催馬楽は比較的リズミカルで、朗詠はおっとりとした音楽だといえるでしょう。また、催馬楽は楽曲の大半が定まった拍節を持つ「拍節的リズム」の歌であるのに対して、朗詠は無拍節の「自由リズム」で歌われ、ゆるやかな旋律が特徴です。

催馬楽では、「句頭(くとう)」と呼ばれる歌の冒頭を独唱するひとが、笏拍子を手に持ち、それを打ちながら拍子をとる役割も担います。

箏(そう)

右手に竹製の爪をはめ、13本の絃を弾いて演奏する絃楽器。分散和音[和音のすべての音を同時に鳴らすのではなく、何度かにわけて鳴らす演奏法]で旋律を奏でます。

閉じる
笙(しょう)

ハーモニーを奏で、美しい響きを合奏に与える管楽器。何本かの竹を束ねた、鳥が羽を休めたようなかたちをしています。

閉じる
笏拍子(しゃくびょうし)

束帯を着用する時に、手にもつ笏(しゃく)を縦に割ったような形状の楽器。長さは約36センチ。幅の短いほうを手に持ち、左は切り口を上に、右は切り口を左に向けて打ち鳴らします。

閉じる

ページの先頭に戻る