雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

楽器のみによる合奏の音楽

さまざまな種類の楽器が、互いに響き合いながら旋律やリズムを奏でる音楽のかたち、それが管絃です。歌や舞を伴わない、楽器のみによる合奏という形態は、歌唱を中心とすることが多い日本の音楽のなかでは、実はとてもめずらしいことなのです。

「管絃」という言葉は、管楽器と絃楽器を意味しますが、雅楽の種目としての管絃においては、これに打楽器が加わります。3種類の管楽器、2種類の絃楽器、3種類の打楽器による編成が基本となり、一般にこれを三管両絃三鼓と呼んでいます。

中国に由来する唐楽が奏されることがほとんどで、高麗楽が用いられることはあまりありません。舞楽と共通する曲もありますが、同じ曲でも管絃における楽器編成は舞を伴奏するときとは少し異なり、演奏の仕方もやや緩やかで繊細になります。また、管絃でしか奏されない曲のなかには、管絃専用の曲として作られたものと、舞が失われ音楽のみが残った曲とがあります。

平安の宮廷社会から生まれた室内楽

『源氏物語絵巻』若紫
桜の木の下での管絃の遊び。
箏は光源氏、横笛は頭中将

さまざまに渡来した楽舞は、平安の宮廷社会のなかへ取り込まれ、しだいに日本風に変化していきます。

その頃の王朝貴族たちは、ただ聴くだけではなく、自ら楽器を手にして演奏も楽しんでいました。おもに屋内で奏するなかで、楽器の大きさや音量、合奏のしやすさや音色の好みなどから、使われる楽器も次第に取捨選択され、演奏の仕方も整えられていきました。そのようにして成立した、室内楽ともいえる音楽のかたちが、管絃なのです。

折りにふれ集まっては器楽合奏や歌謡を楽しむ管絃の遊びは、宮廷社会の日常に深く関わっていたようです。四季折々の祭礼や、人生の節目となる行事などで奏される管絃は、王朝貴族たちにとって欠かせない教養の一つでした。和歌や漢詩を詠み、楽器を奏でることを呼ぶ「詩歌管絃(しいかかんげん)」という言葉が、そのことを示しています。

ページの先頭に戻る