雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

管楽器(吹物) 横笛の奏法と役割

横笛(おうてき)は、リードを持たず、横向きに構えて奏される管楽器です。曲に応じて、大きさや音色の異なる龍笛(りゅうてき)、高麗笛(こまぶえ)、神楽笛(かぐらぶえ)などが用いられます。

奏法と音色

[出演]伶楽舎

上半身は正面、下半身は右斜めになるように構えます。

龍笛は横笛のなかで一番太く、息の強弱によって低い音と高い音を作ることができるため、広い音域をもっています。高麗笛は、細い管から澄んだ鋭い音が出ます。神楽笛は、落ち着いた深い音色が特徴で、龍笛のように力強い息ではなく、「半息(はんそく)」という柔らかい吹き方で演奏されます。

役割と作法

篳篥(ひちりき)と同じく旋律を奏でますが、豊かな音色と幅広い音域を生かして曲に彩りを添えます。

龍笛の主奏者[音頭(おんどう)]は合奏のなかで重要な役割を担っており、楽曲の開始は必ず龍笛の音頭の独奏から始まることになっています。

高麗笛は朝鮮半島から伝来したといわれ、舞楽では右方で用いられるほか、東遊では篳篥、和琴(わごん)とともに演奏に用いられます。

神楽笛は和琴・笏拍子と並んで日本に古くから伝わる楽器とされ、篳篥、和琴とともに神楽歌の付物[伴奏]を担当します。

笏拍子(しゃくびょうし)

束帯を着用する時に、手にもつ笏(しゃく)を縦に割ったような形状の楽器。長さは約36センチ。幅の短いほうを手に持ち、左は切り口を上に、右は切り口を左に向けて打ち鳴らします。

閉じる

ページの先頭に戻る