雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

管楽器(吹物) 笙の奏法と役割

金属製の簧(した:リード)を振動させた音を、17本の細長い竹管に共鳴させます。ハーモニカのように吹いても吸っても同じ音が出るフリーリードの管楽器です。唐楽のほか、催馬楽や朗詠に用いられます。

奏法と音色

[出演]伶楽舎

笙は、高さの異なる音を一度に鳴らすことができる楽器です。指孔を5~6つ同時に押さえて、和音を響かせる「合竹(あいたけ)」という奏法が特徴的で、その音色は、「天の声」にも例えられています。

朗詠や催馬楽などでは「一竹(いっちく)」という単音を奏でる奏法が用いられます。

役割と作法

合奏全体の音色を包み込みます。また、笙は合奏の音律の要でもあり、琵琶や箏が調絃をする際には、笙が基準音となります。笙が用いられるのはおもに唐楽(とうがく)系の音楽のみで、高麗楽や国風歌舞では用いられません。

笙は湿気に弱いため、演奏の前後はもちろん、合い間にも、呼気による水蒸気が楽器のなかに溜まらないよう、必ず楽器を温めます。奏者は火鉢や電熱器の上で、笙を手の中でくるくる回して全体が均一に温まるようにします。

箏(そう)

右手に竹製の爪をはめ、13本の絃を弾いて演奏する絃楽器。分散和音[和音のすべての音を同時に鳴らすのではなく、何度かにわけて鳴らす演奏法]で旋律を奏でます。

閉じる
笙(しょう)

ハーモニーを奏で、美しい響きを合奏に与える管楽器。何本かの竹を束ねた、鳥が羽を休めたようなかたちをしています。

閉じる

ページの先頭に戻る