雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

絃楽器(弾物) 箏の奏法と役割

箏爪で絃を弾くことによって音を響かせます。管絃と催馬楽(さいばら)で用いられる箏(そう)は、ほかのさまざまな箏と区別するために楽箏(がくそう)ともいいます。

奏法と音色

[出演]伶楽舎

竹でできた箏爪で絃を弾くことによって音を響かせます。邦楽曲で広く用いられているため、なじみ深い音色ですが、注意深く聴くと他の箏とは微妙に異なります。

おおまかに分けて奏法は2種類です。軽快な感じの「早掻(はやがき)」と、ゆったりした感じの「閑掻(しずがき)」を、曲調によって使い分けます。

役割と作法

「鶏足」
人差し指と中指の先を親指につけて輪をつくり、薬指と小指を絃に対して垂直に伸ばす

箏は琵琶とともに、おもにリズムを示す楽器です。箏のリズムは、演奏のテンポを決めるうえで大きな役割を担っています。

演奏中でも、次の手を弾くまでに一定の間があるときには、右手を「鶏足(けいそく)」という形にして待ちます。これは箏を美しく弾くための作法のひとつです。

ページの先頭に戻る