雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

絃楽器(弾物) 琵琶の奏法と役割

複数の絃をかき鳴らすアルペジオの奏法が特徴的です。合奏においては、ほかの楽器に拍子の1拍目を明示する役割をもっています。

奏法と音色

[出演]伶楽舎

絃が水平になるように構えます。基本となるのは、複数の絃を鳴らすアルペジオ奏法です。3本の絃、あるいは4本の絃すべてを一気にかきおろす「掻撥(かきばち)」がもっとも多く使われます。

また、2絃ずつ鳴らす「割撥(わりばち)」や柱(じ)を押さえて隣の絃を同じ音にして弾く技法もあります。

役割と作法

琵琶は、弾いているときと調絃するとき以外は、撥をしまいます。調絃をする時は撥を出して脇に置き、撥を再び内側に戻す動作が、調絃が済んだことをほかの奏者へ知らせる合図になります。

雅楽の合奏では、4拍目から1拍目に戻るときの間合いをとらえるのが難しいため、琵琶が、リズムをとり次の1拍目を明示する役割をします。

ページの先頭に戻る