雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

打楽器(打物) 笏拍子

シンプルな形をした楽器・笏拍子(しゃくびょうし)は、雅楽のなかでも限られた種目で用いられる打楽器です。歌唱者自らが手に持ち、歌いながら打ち鳴らします。
国風歌舞(くにぶりのうたまい)や催馬楽(さいばら)で用いられ、主席の歌唱者が歌いながら拍子を取って打ち鳴らします。

仕組みと形

笏拍子(しゃくびょうし)は、束帯装束のときに手に持つ笏を縦に2つに割った形をしている楽器です。長さは約36センチ、1組並べたときの幅は、上部が約7センチ、下部が5.5センチです。材料には黄楊(つげ)が多く用いられます。

奏法と音色

演奏は、左手は切り口を上に向け、右手は切り口を左に向けて、幅の狭いほうをそれぞれ持ちます。これを扇子のように下部をつけたまま、上部だけを開いて打ち合わせます。

役割と作法

笏拍子には歌唱者と伴奏者の間を調整する役割があります。

ページの先頭に戻る