雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

打楽器(打物) 鉦鼓の奏法と役割

皿状の鉦(かね)を木枠に吊り、紐で固定する構造を持つ鉦鼓。金属楽器特有の高い音色は、太鼓や鞨鼓の音を装飾するような役割を持ちます。

奏法と音色

[出演]伶楽舎

鉦鼓は座って打ち、大鉦鼓は立って打ちます。鉦の内側の凹面を2本の桴で摺(す)るように打つことから、「打つ」とはいわずに「摺(す)る」といいます。

奏法は、ゆっくりと桴を上げ、鉦の中央部にポトンと軽く落とし当てます。おもな奏法として、片手だけを使う「金」と、両手を使う「金金(ききん)」の2種類があげられます。片手が「チン」、両手が「チチン」と聞こえます。

小さい鉦ほど音が高く、大鉦鼓のように大きいものは低い音を奏でます。

役割と作法

強い音ではありませんが際立って高い金属製の音色は、雅楽の演奏をより華やかなものにします。

管絃では、演奏の前後、桴は枠の中央上部にかけられています。「音取(ねとり)」が始まり、篳篥が吹き始めたところで、桴を取り、膝の上に置きます。さらに曲へと移り、鞨鼓(かっこ)が桴を取ると鉦鼓も桴を手に持ち、演奏に備えます。すべての曲が終了すると、ふたたび桴紐を枠に吊るします。

鞨鼓や太鼓が打つタイミングよりも一瞬遅れて摺るのは、目立ちすぎないようにという配慮から生み出された鉦鼓特有の作法でしょう。

ページの先頭に戻る