雅楽 GAGAKU

  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

打楽器(打物) 太鼓の奏法と役割

太鼓、鼉(だ)太鼓は、音楽の節目を示す重要な役割をもっているため、熟達した者が担当します。革を巻いた木製の桴(ばち)で鼓の片面だけを打つ奏法や、記譜法などが共通しています。

奏法と音色

[出演]伶楽舎

釣太鼓は座って打ち、鼉太鼓は立って打ちますが、演奏には、どちらも頭の部分を鹿皮で包んだ2本の桴(ばち)を使います。左の桴(ばち)で右よりもやや弱めに打つことを「図(ずん)」、右の桴で打つことを「百(どう)」といいます。右手で「百(どう)」を打った後は、鼓面がビリビリと振動するのを防ぐため、両方の桴先を皮につけて余韻を止めます。

「図」と「百」の組み合わせによってさまざまなバリエーションが生まれます。

役割と作法

雅楽において、太鼓は時間の循環を表しています。音楽の節目に太鼓が打たれ、時間軸がリセットされます。

管絃では、演奏の前後には桴は穴に通して両側にかけられます。「音取(ねとり)」が始まり、篳篥が吹き出したところで、桴を取り、四つ脚の台の両側に置きます。さらに曲へと移り、鞨鼓(かっこ)が桴を取ると、太鼓も桴を手に持ち演奏に備えます。曲と曲の間は台の脚の両側に桴を置き、すべての曲が終了すると、ふたたび桴を枠に戻します。

鼉太鼓の装飾は、左舞・右舞の象徴する世界観を視覚的に表現する役割をもっています。

ページの先頭に戻る