雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

打楽器(打物) 鞨鼓/三ノ鼓の奏法と役割

鞨鼓(かっこ)と三ノ鼓(さんのつづみ)は、ともに演奏の流れを統率する役割を担っています。鞨鼓は唐楽(とうがく)系の舞楽と管絃に用いられ、三ノ鼓は高麗楽(こまがく)だけに用いられています。

奏法と音色

[出演]伶楽舎

鞨鼓は台に載せた状態で演奏され、両手に持った桴で両面を打ちます。鞨鼓を打つことを「掻(か)く」といい、細長い2本の桴(ばち)で、円を描くように掻きます。おもな奏法は次第に速く小刻みに打つトレモロ奏法です。

三ノ鼓は直に床に置き、左手で調緒を押さえ、桴で右の鼓面だけを打ちます。単発で1度打つ場合と、連続の打ち方がありますが、これを唱歌では「テン」、「テンテーン」と唱えます。

役割と作法

鞨鼓と三ノ鼓は、合奏のなかで全体の流れをつかさどるリーダー的な役割を担い、曲の始めや終わりの合図を出します。どちらも、演奏経験が豊富な楽長などが演奏します。

管絃の場合、鞨鼓奏者が台にさしてある桴を手にする動作は、ほかの演奏者に対して「合奏を始めましょう」という合図になっています。舞楽においては、舞人が退出するのをみて鞨鼓奏者が終わりの合図をし、合奏が終止句に移ります。

三ノ鼓は太鼓や鉦鼓とともにリズムを形成する役割を担います。

ページの先頭に戻る