雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

打楽器(打物) 打楽器の種類

打物とも呼ばれる雅楽の打楽器は、さまざまな大きさや構造をもち、種目によって用いられるものが異なります。演奏で用いられるおもな大型の打楽器のうち、太鼓は管絃や小規模の舞楽、鼉太鼓は舞楽で用いられ、鼉太鼓は左右一組で演奏される楽器です。

雅楽のリズムを司るリーダー的役割
鞨鼓(かっこ)/三ノ鼓(さんのつづみ)

◎大きさ

鞨鼓:胴の長さ約30センチ、両端の内径約15センチ、革を張る鉄輪の直径約23センチ

三ノ鼓:胴の長さ約45センチ、両端の内径約22センチ、革を張る鉄輪の直径約32センチ

◎構造

鞨鼓(かっこ)は、中央部がわずかに膨らんだ円筒形の胴をもっていて、胴は桜など硬い木で作られています。

三ノ鼓(さんのつづみ)は鞨鼓より一回り大きく、中央部が砂時計のようにくびれた胴が特徴です。

いずれも、唐草模様や牡丹の花など、鮮やかな彩色が施されています。

音楽の節目を表す大型の打楽器
太鼓(釣太鼓[つりだいこ]/鼉太鼓[だだいこ] )

◎大きさ

釣太鼓:胴の直径約55センチ、厚さ約15~20センチ

鼉太鼓:胴の直径約130センチ、厚さ約100センチ、革を張る鉄輪の直径190~240センチ

◎構造

太鼓は、管絃で用いる釣太鼓と、舞楽で用いるの巨大な鼉太鼓(だだいこ:大太鼓)があります。

釣太鼓は楽太鼓(がくだいこ)とも呼ばれ、円形に枠に吊るして使用します。

鼉太鼓は、鉄輪に張った革を太い紐で締め上げ張力を出す、巨大な締太鼓(しめだいこ)です。太鼓を囲むように大きな火焔(かえん)形の装飾があることから、火焔太鼓とも呼ばれ、先端には月や太陽などの装飾がつけられています。

このほか、棒に吊るして2人で担ぐ「荷太鼓(にないだいこ)」というものもあります。




雅楽に華を添える唯一の金属楽器
鉦鼓(釣鉦鼓/大鉦鼓)

◎大きさ

釣鉦鼓:鉦の直径約15センチ、桴の長さ約39センチ

大鉦鼓:鉦の直径約24センチ、桴の長さ約47センチ

◎構造

鉦鼓は、雅楽の打物のなか唯一の金属製の楽器です。

釣鉦鼓は管絃、少し大ぶりの大鉦鼓は舞楽で用いられます。いずれも、鉦(かね)を吊るす木枠部分に、火焔(かえん)の装飾が施されています。

桴(ばち)の先端は丸みをもった球状で、棒と同じ木材もしくは水牛の角がはめ込まれています。

このほか、棒に吊るして2人で担ぐ「荷鉦鼓(にないしょうこ)」というものもあります。

ページの先頭に戻る