雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

演者のなりたち 宮内庁と民間組織

雅楽の伝承を支えるのは、公的な機関に所属する楽人(がくにん)だけではありません。今日では一般の人々で雅楽を学ぶ者は少なくなく、専門的な教育を受けた専門家や民間の団体が精力的に活動しています。

宮内庁式部職楽部(楽部)

現在、国の重要無形文化財に指定されている雅楽を保持する公的な機関は、宮内庁式部職楽部[宮内庁楽部]です。

この機関は、明治3(1870)年、皇居が東京に移転するのにともない、京都・南都[奈良]・天王寺[大阪]にいた三方楽所(さんぽうがくそ)と、江戸の紅葉山の楽人を統一して、宮中の太政官(だじょうかん)に設置された雅楽局(ががくきょく)に配属したことに始まります。以降、雅楽課や雅楽部など数回の名称変更を経て、昭和24(1949)年に宮内庁楽部が発足しました。

宮内庁楽部では、宮中の行事の際に雅楽や西洋音楽の演奏を担当し、雅楽の後継者の育成を行っています。

専門家の養成と活動

今日では、大学でも専門的な教育を受けられるようになり、専門家の育成が行われています。

昭和37(1962)年、東京芸術大学が雅楽を授業にとりいれたのを皮切りに、音楽教育を通じて雅楽に触れる機会が増えていきました。昭和50年代になると、楽師のなかから芸術音楽としての雅楽演奏を追求したいという専門家たちのグループが発足し、十二音会、東京楽所、伶楽舎(れいがくしゃ)などの雅楽団体が現在も活動を行っています。そして平成6(1994)年には東京芸術大学音楽学部の邦楽科に、公的な教習機関ではじめての雅楽専攻が設置され、専門家の養成に乗り出しました。

民間の雅楽団体

雅楽局に異なる楽所の楽人が集まると、口伝の微妙な違いによって旋律や息継ぎなどが合わず、伝えられてきた曲目にも違いがあるため、統一した楽譜が必要となりました。そこで、明治9(1876)年と明治21(1888)年に『明治撰定譜』がまとめられます。その後、規範化された『明治撰定譜』に基づく各種の雅楽譜が刊行されるようになりました。

これによって、一般の人でも容易に雅楽の楽譜を手に入れることが可能となりました。以降、三方楽人のいなくなった関西、宮内庁の楽師から直接教習を受けることができるようになった関東をはじめ、各地の由緒ある社寺の周辺などで、民間の雅楽団体が次々に発足し、今日に至っています。

ページの先頭に戻る