雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

右舞 現行の演目

右舞の演目は、高麗楽の曲が主体です。器楽合奏である「管絃」の曲目は原則として唐楽のみですから、高麗楽の曲は右舞でしか奏されないことになります。また、唐楽のいくつかの曲は、右舞にも編入されています。

右舞の主な曲目とそれぞれの構成

平舞(ひらまい)、武舞(ぶのまい)、走舞(はしりまい)、童舞(わらわまい)の順に代表的な演目を紹介します。

延喜楽えんぎらく

平舞の代表的な曲目です。高麗壹越調(こまいちこつちょう)で、四人舞。装束は鳥甲(とりかぶと)をかぶり、右方の襲装束(かさねしょうぞく)に、袍(ほう)は片方の袖に腕を通さない片肩袒(かたかたぬぎ)で着用します。左舞の『万歳楽(まんざいらく)』の答舞(とうぶ)として、慶祝に用いられることが多い演目です。

陪臚ばいろ

武舞の代表的な曲目です。雅楽の習得では初期に習う1曲です。四人舞で、装束は別様装束。右舞ですが赤系統の裲襠(りょうとう)装束を身に着け、舞具には太刀と鉾(ほこ)、楯(たて)が用いられます。左舞の『太平楽』の答舞として用いられ、管絃でもよく演奏される曲です。

納曽利なそり

古来よく演奏される曲目の一つで、走舞(はしりまい)です。2匹の龍が楽しげに遊び戯れている様子を表した演目といわれています。高麗壹越調の二人舞です。装束は別装束で専用の裲襠装束と龍の面を着け、舞具には桴(ばち)を持ちます。右舞の『蘭陵王』の答舞として用いられます。

胡蝶こちょう

童舞を代表する曲目です。高麗壹越調の四人舞で、背中に蝶の羽を付け、頭には天冠、手には山吹の花枝を持ち、飛び跳ねながら可憐に舞う曲です。左舞の『迦陵頻(かりょうびん)』の答舞として、古くから寺院の法要などでよく奏されています。

右方の舞楽曲の一般的な構成

曲名 舞種 調 舞人数 装束 主な番舞
延喜楽(えんぎらく) 平舞 高麗壹越調 4人 襲装束 万歳楽
胡蝶(こちょう) 童舞 高麗壹越調 4人 別装束 迦陵頻
八仙(はっせん) 平舞 高麗壹越調 4人 別装束 蘇莫者
狛桙(こまぼこ) 平舞 高麗壹越調 4人 別装束 打球楽
貴徳(きとく) 走舞 高麗壹越調 1人 別装束 散手
納曽利(なそり) 走舞 高麗壹越調 2(1)人 別装束 蘭陵王
長保楽(ちょうぼうらく) 平舞 破は高麗壹越調、急は高麗平調 4人 蛮絵装束 賀殿
陪臚(ばいろ) 武舞 破は平調、急は壹越調 4人 別装束 太平楽
還城楽(げんじょうらく) 平舞 太食調   別装束 (左舞の時、八仙、納曽利)
抜頭(ばとう) 平舞 太食調   別装束 (左舞の時、還城楽、八仙)
襲装束(かさねしょうぞく)

表に着用する袴の1種。差貫(さしぬき)は裾で紐でしぼるのに対して、表袴は裾をしばらずに開いて着用します。

閉じる

ページの先頭に戻る