雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

右舞 朝鮮半島系の楽舞を源とする舞楽

朝鮮半島系の舞や器楽に由来し、平安時代に右方として整えられた舞楽が「右舞(うまい)」です。音楽には高麗楽(こまがく)を用い、舞人(まいにん)は緑系統の装束を身に着けます。舞台へは右側から登場し、右足を軸として動くなど、「右」をキーワードとした演出がなされています。

右舞の特徴

『新鳥蘇(しんとりそ)』

右舞で用いる高麗楽では、唐楽と異なり、笙(しょう)が用いられません。和音が伴わないため、旋律やリズムが際立った音楽となります。また、原則的にリズムの型にあわせて舞の振りがつけられているため、旋律と舞の振りに定まった対応関係がなく、舞の始まりと終わりが楽曲の終始と一致しないという特徴もあります。

舞は、型の切れ目がはっきりとして、一連の動きが短いリズミカルなものになっています。また、たとえば両手を左右に大きく開く振りでは、指同士を合わせて、肩の線に水平に両手を開くことで、身体のラインをくっきりとさせるなど、型自体も明確なものになっています。

用いられる装束の色は、大半の演目で用いられる襲装束(かさねしょうぞく)では緑系統、蛮絵装束(ばんえしょうぞく)では縹色(はなだいろ)と呼ばれる淡い紺系統です。別装束のなかの裲襠装束(りょうとうしょうぞく)は『貴徳』は萌黄色(もえぎいろ)、『納曽利』は朽葉色(くちばいろ)、『狛桙(こまぼこ)』は薄縹色(うすはなだいろ)とさまざまです。

ただ、唐楽曲である『陪臚(ばいろ)』『還城楽(げんじょうらく)』『抜頭(ばとう)』については、左舞だけでなく右舞の演目にも編入されています。そのため、これらの演目に限っては、左舞と同様に赤系統の装束の装束を用います。また、左舞と同様に、旋律に合わせて舞の振りが付けられているため、舞の終わりは楽曲の終わりと一致することになります。

なお、高麗楽の調子は唐楽に準じて体系化されています。旋律の型や節のめぐりの違いによって、高麗壹越調(いちこつちょう)、高麗平調(ひょうじょう)、高麗双調(そうじょう)の三調子があります。

高麗楽の由来

『狛桙(こまぼこ)』

右舞の音楽は、おもに朝鮮半島に由来する高麗楽を用います。その源流は、4~7世紀からすでに日本と交流があった、朝鮮半島の高句麗(こうくり)・新羅(しらぎ)・百済(くだら)などから伝わった、三国楽(さんごくがく)呼ばれる舞や器楽にあります。

その後に興った、渤海(ぼっかい)から伝わった楽舞なども合わせて整理再編されるなか、高麗楽のかたちが整えられていきました。

ただ、伝来した当初とは、楽器の編成などが大きく変わっていることが明らかになっています。また、もともとの本国における楽舞とどのような関係にあるのかは、まだわかっていません。

ページの先頭に戻る