雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

左舞 現行の演目

左舞の演目は、すべて唐楽の曲です。器楽合奏である「管絃」も、やはり唐楽曲だけを演目としますから、左舞と共通する曲目が多く含まれます。ただ、舞楽である左舞においては、絃楽器が用いられないうえ、奏法においても、テンポや間合いの取り方などが管絃と異なっています。

左舞のおもな曲目とそれぞれの構成

平舞(ひらまい)、武舞(ぶのまい)、走舞(はしりまい)、童舞(わらわまい)の順に代表的な演目を紹介します。

万歳楽まんざいらく

平舞の代表的な曲。平安時代に朝廷の儀礼で頻繁に演じられた曲で、調子は平調(ひょうじょう)、四人舞もしくは六人舞です。襲装束(かさねしょうぞく)は、袍(ほう)に片方の腕を通さない片肩袒(かたかたぬぎ)で着用し、鳥甲(とりかぶと)をかぶります。管絃でもよく奏される曲です。

太平楽たいへいらく

武舞の代表的な曲。四人舞で装束は別装束。鎧(よろい)や兜(かぶと)を着用する装束は甲冑(かっちゅう)装束ともよばれ、たいへん重く、現在伝わる舞楽装束のなかでもっとも複雑なものです。近年では、平舞の『万歳楽』とともに、文・武の舞を代表するものとして奏されることが通例です。

蘭陵王らんりょうおう

走舞(はしりまい)の代表的な曲。壹越調(いちこつちょう)が原曲で、双調にも渡されている[移調]曲で、一人舞です。装束は別装束のなかの裲襠(りょうとう)装束で、吊りあごの独特の面をつけ、舞具に桴(ばち)を持ちます。右舞の『納曽利(なそり)』とならび、古来もっともよく演奏されてきた曲の1つで、管絃でも演奏されます。

迦陵頻かりょうびん

童舞の代表的な曲目で、四人舞です。舞人は背中に鳥の羽をつけ、頭には花を指した天冠をかぶり、手には銅拍子[小さなシンバル]を持ち、飛び跳ねながら打ちます。現在では寺社の法要でよく演奏されます。

左舞の主な演目の構成

曲名 舞種 調 舞人数 装束 主な番舞
加殿(かてん) 平舞 壹越調 4人 襲装束 長保楽、新鳥蘇
迦陵頻(かりょうびん) 童舞 壹越調 4人 別装束 胡蝶
蘭陵王(らんりょうおう) 走舞 壹越調 1人 別装束 納曽利
胡飲酒(こんじゅ) 走舞 壹越調 1人 別装束 新靺鞨、林歌
万歳楽(まんざいらく) 平舞 平調 4人 襲装束 延喜楽、地久
甘州(かんしゅう) 平舞 平調 4人 襲装束 仁和楽、林歌
青海波(せいがいは) 平舞 盤渉調 4人 別装束 敷手
太平楽(たいへいらく) 武舞 太食曲 4人 別装束 狛桙、古鳥蘇、陪臚
打球楽(だきゅうらく) 平舞 太食曲 4人 別装束  
散手(さんじゅ) 走舞 太食曲 4人 別装束  

ページの先頭に戻る