雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

左舞 曲の構成と楽器の編成

左舞では、1つの楽曲がいくつかの楽章によって構成され、楽章ごとに別個の音楽が奏されます。また、伴奏を行うのは管楽器と打楽器のみで、原則として絃楽器は用いません。管楽器に笙(しょう)を含むことで、柔らかな音楽を響かせます。

曲の構成

左舞の楽曲は、中心となる「当曲(とうきょく)」の前後に、舞台へ登るための「登場・出手(でるて)」と、降りるための「入手(いるて)・退場」が奏されるかたちで構成され、それぞれに独立した音楽が用意されています。

さらに、当曲と同じ調子による「前奏」の曲が、まだ舞人が楽屋にいるあいだに始められたり、舞台へ登って当曲が始まる前に挿入されたりする演目も多くあります。音合わせを行ったり、当曲への期待を盛り上げたりする役割を果たしているのです。

楽器の編成

左方の管方

左舞の唐楽は、3つの管楽器と3つの打楽器で奏されます。

管楽器[吹物(ふきもの)とも]には、笙(しょう)、龍笛(りゅうてき)、篳篥(ひちりき)が、打楽器[打物(うちもの)とも]には、鞨鼓(かっこ)、太鼓、鉦鼓(しょうこ)が用いられます。

右舞における高麗楽(こまがく)と比べると、唐楽では笙が用いられることや、高麗笛(こまぶえ)ではなく龍笛が、三ノ鼓(さんのつづみ)ではなく鞨鼓が用いられることなどに、違いがあります。

とくに、笙の存在は、左舞の音楽を大きく特徴づけています。笙が切れ目なく奏でる和音が、龍笛や篳篥が受け持つ旋律を包み込んで、華やかでふわりとした輪郭の音楽が生まれるのです。また、鞨鼓で多用される、細かい連打の奏法[トレモロ]も、唐楽の響きをいっそう柔らかいものにしています。

舞楽の楽器編成

左舞 唐楽 管楽器 笙、龍笛、篳篥
打楽器 鞨鼓、太鼓、鉦鼓
右舞 高麗楽 管楽器 高麗笛、篳篥
打楽器 三ノ鼓、太鼓、鉦鼓

(注)右舞に属する『陪臚(ばいろ)』『還城楽(げんじょうらく)』『抜頭(ばとう)』は例外的に唐楽を用いる。

鉦鼓(しょうこ)

円形の鉦を木製の枠に釣りさげ、2本の桴(ばち)でするように打ち鳴らす打楽器。雅楽の打物のなかでただひとつの金属製の楽器です。

閉じる
笙(しょう)

ハーモニーを奏で、美しい響きを合奏に与える管楽器。何本かの竹を束ねた、鳥が羽を休めたようなかたちをしています。

閉じる
鞨鼓(かっこ)

筒状の胴と左右の鼓面を、調緒(しらべお)と呼ばれる紐で締めた打楽器。本体を台に乗せ、木製の細い桴(ばち)を使って打ち鳴らす両面太鼓です。

閉じる

ページの先頭に戻る