雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

上演のかたち 装束と面

平安朝の宮廷や、遠い異国の風俗を感じさせる、舞楽の装束。多様なスタイルや鮮やかな色彩は、見る者を楽しませてくれます。冠や面をかぶったり、手に道具を持ったりする演目も多く、どの一着・一点も、工芸品のような優美で典雅な魅力にあふれています。

舞楽の装束

舞楽には、舞人(まいにん)の装束と、器楽を奏する管方(かんかた)の装束とがあります。

このうち、とくに舞人の装束には演目に応じ、いろいろな趣向が凝らされたものが多く、大きく4つの種類に分けられています。それぞれに左舞と右舞のものがあり、左舞では赤系統、右舞では緑系統の意匠となっているところに特徴があります。

襲装束
詳細へ

幾重にも衣を重ねる唐代中国風の優美な装束です。多くの演目で共通して用いられることから、常装束(つねのしょうぞく)とも呼ばれます。管方も襲装束を着用することが通例です。

蛮絵装束
詳細へ

宮中の警備にあたった武人の装束に由来するもので、やはりいくつかの演目で用いられます。袍に2匹の唐獅子を円形に描いた、蛮絵という文様を施した軽やかな装束です。



別装束
詳細へ

特定の演目で用いられる固有の装束の総称した呼び名。さまざまな種類があるなかでも、貫頭衣のようなものを前後に垂らし、袖や裾を絞って動きやすくした裲襠装束(りょうとうしょうぞく)は、よく知られています。

童装束
詳細へ

子供が舞う演目のために、大人の装束を小さく仕立てた装束です。

多彩な舞楽の面

『地久(ちきゅう)』

『採桑老(さいしょうろう)』

『安摩(あま)』

『八仙(はっせん)』



装束と並んで、視覚的に強い印象を残すのが舞楽の面です。

面は大きさにより大面・中面・小面にわけられ、その多くが木製です。アジアの諸民族の面貌を模したもの、鳥獣や聖獣[鳳凰や龍など]の形を写し取ったもの、人の顔を象形化したものなど多彩です。

舞ったときの効果を考え、色彩が工夫されていたり、舞人の動きにあわせて顎(あご)や目、鼻や額、頬などが動くように工夫されていたりします。

特殊なものに、絹を貼った厚紙に人間の眉や目、鼻や口を象形的に描いた雑面(ぞうめん)と呼ばれる面もあります。

素顔のまま[直面:ひためん]で舞う舞楽曲も多いのですが、とくに裲襠装束を用いる演目では、面を着用することが多くなります。また、右舞には面をつける演目が多いようです。

ページの先頭に戻る