雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

器楽による音楽とともに奏する舞

『舞楽図』左隻
俵屋宗達 画

『八仙』

朝鮮半島や中国大陸などから伝わった楽舞を源流にし、平安時代に大成した器楽と舞、それが舞楽です。その由来によって「左方」と「右方」に大きく分かれ、基本となる音楽や楽器編成だけでなく、装束や舞のかたちなども異なっています。

左方の舞(左舞)は、中国や中央アジア、南アジア方面などにおもな起源を持つ舞楽です。唐楽(とうがく)という音楽を用い、3種類の管楽器、3種類の打楽器による楽器編成が基本となります。舞人は赤系統を基調とする装束を用い、向かって左の方から進み出て舞台に登り、旋律に合わせた振りで舞います。

右方の舞(右舞)は、朝鮮や満州方面などにおもな起源を持つ舞楽です。高麗楽(こまがく)という音楽を用い、やはり管楽器と打楽器による編成ですが、唐楽とは楽器の種類がいくつか異なります。舞人は緑系統の装束を用い、向かって右の方から進み出て舞台に登り、リズムに合わせた振りで舞います。

渡来した楽舞の左右二分化

数世紀にわたりさまざまな地域から渡来した楽舞は、奈良時代まではほぼ伝わったときのかたちで奏されていました。しかし、平安時代の宮廷社会において、楽舞についての理論や実技の理解が深まるとともに、日本独自のものに再編され、現在へ繋がるかたちに整えられていったのです。

二つの部に分かれた、近衛府という宮廷武官の官人たちが演奏に携わるなか、これらの楽舞も、唐楽による左舞と、高麗楽による右舞との2つに整理されていきました。さらに、左右の似た舞姿の演目を一組にして交互に奏する、番舞という考え方も生まれてきます。左右で武技を競い、その余興として器楽や舞を奏するなか、宮中の行事と楽舞とは密接なものになっていきました。

また、左右の舞楽は、左を陽、右を陰とすることで、同じ頃に流行していた陰陽思想とも結びついていくのです。

ページの先頭に戻る