雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

コラム 序破急とは

現在、序破急(じょはきゅう)は、さまざまな場面でリズムを表す語として使われていますが、本来は雅楽の楽曲の構成単位の名称です。実際には序破急を完備している楽曲は少なく、序破急は楽曲構成の理想型を表す概念であるといえるでしょう。

舞楽の序破急という概念

『蘇合香(そこう)』

雅楽の曲構成の考え方に「序破急」というものがあり、現在では能楽をはじめ芸道や武道などでも使われる、日本人特有のリズム感を表す概念となっています。

序破急とは、もとは雅楽の楽曲、舞楽曲のなかでは中心となる当曲の楽章[構成単位]の名称に由来する言葉です。「序」は序吹(じょぶき)といわれる、ひじょうにゆっくりした無拍節[自由リズム]の楽章、「破」はそれより少し速くなったゆるやかな延(のべ)といわれる拍子の楽章、「急」はもっとも速くなった早(はや)といわれる拍子の楽章です。序から破、破から急へと、それぞれの楽章がしだいに速いリズムになっていきます。

このような序破急がそなわっている楽曲は、整った形式の楽曲ととらえられますが、実際は、序破急のそろった楽曲は意外に少ないのです。1つには、現在まで伝えられてきたなかで、一部が失われてしまったことが挙げられますが、古い資料からもともと「序破急」3つの楽章を完備していた曲目は、かならずしも多くはなかったようです。

つまり雅楽曲に則すると、「序破急」とは、楽曲の構成でもっとも整った理想の形を表す概念といえるでしょう。

ページの先頭に戻る