雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
  • TOP >
  • ひろがり >
  • 音楽のひろがり:後白河法皇に好まれた今様
前のページにもどる

音楽のひろがり

後白河法皇に好まれた今様

平安時代の宮廷では「今様」などの歌謡がはやり、地方にも伝わりました。「酒は飲め飲め飲むならば…」の歌詞で知られる『黒田節』は、雅楽『越天楽』の旋律をもとにした民謡です。

宮廷歌謡と今様

時代を映す歌謡として、雅楽では催馬楽(さいばら)が残されていますが、同じように平安時代に流行した宮廷歌謡に、風俗歌(ふぞくうた)や今様(いまよう)があります。催馬楽は地方の歌謡が大陸風の曲調で歌われますが、風俗歌は、地方のうちでもおもに東国の歌謡が民謡風の旋律で歌われていたようです。

一方、「現代風」という意味をもつ今様は、遊女や白拍子(しらびょうし:男装して歌舞を演じる遊女)たちの歌う歌が宮中にも広まった歌謡で、庶民から貴族まで広く親しまれました。七五調の四句を基本としたさまざまな歌詞[詞章]が生み出され、とくに今様を愛好した後白河法皇によって、歌謡集『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』が編まれました。

越天楽今様と黒田節

『越天楽』(えてんらく・越殿楽とも)は、雅楽の曲のなかで最も有名な曲です。平安時代に愛好された平調(ひょうじょう)の旋律でできており、この旋律にさまざまな歌詞をあてはめて歌う「越天楽今様」が、大いに広まりました。

これが九州・福岡地方へも伝わり、黒田家の武士が大盃に注がれた酒を飲み干して名槍を褒美に貰い受けた、という逸話を歌詞にしたのが、「筑前今様」です。その後、『黒田節』として全国に知られるようになったこの民謡は、いわば『越天楽』の替え歌の一つということになります。

ページの先頭に戻る