雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
  • TOP >
  • ひろがり >
  • 言葉のひろがり:その言葉も実は雅楽から
前のページにもどる

言葉のひろがり

その言葉も実は雅楽から

現在私たちが使っている言葉や慣用句の中には、雅楽に由来する言葉が数多く見受けられます。日常生活に浸透している、意外な雅楽の言葉を探してみましょう。

「打ち合わせ」「やたら」

よく使われる「打ち合わせ」という言葉は、京都・奈良・大阪の「三方楽所」が集まって演奏するときに、細かな演奏法の違いを調整するために、まず打楽器から約束事を決めたことからとされています。

意外なところでは、「やたらに騒ぐ」「むやみやたらに」などと使われる「やたら」も、雅楽由来説が有力です。「八多羅拍子」という、2拍子と3拍子の混合の特殊な拍子があり、演奏が難しく混乱しがちなことから、秩序がなくめちゃくちゃな様子を表すようになったといいます。

「千秋楽」「二の句がつげない」

雅楽の曲目に由来する言葉もあります。相撲や演劇などの興行の最終日を表す「千秋楽」もそのひとつ。これは、平安時代後期に日本で作られた唐楽の形式の曲です。一説によると、仏教の法要で僧侶が退出する時に演奏されたので、「最後」の意味になったといわれます。

あきれてものが言えないという意味の「二の句がつげない」は、平安時代に流行した、漢文を歌詞にした宮廷歌謡「朗詠」からきています。朗詠は一の句、二の句、三の句という3つの部分からなり、二の句は1オクターブ高い声で歌わなければならず音が出しにくいことから、言葉が出ない意味になったということです。

ページの先頭に戻る