文楽編 仮名手本忠臣蔵 Kanadehon Chushingura

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • English
  • 早わかり
  • 背景を知る
  • ひもとく
  • ひろがり
  • よもやま
前のページにもどる

ひもとく 深める 名場面をひもとく

四段目 判官手負いの息遣い四段目は緊張感と緊迫感を維持するため、床の演奏を休止する「待ち合わせ」が多い段です。太夫、三味線、人形遣いは抑制した表現で、判官の無念を描写していきます。

苦しき息をほつとつぎ「由良助。この九寸五分は汝へ形見。我が鬱憤を晴らさせよ」と切つ先にて笛刎ね切り、血刀投げ出しうつぶせに、どうど転び、息絶ゆれば

聴きどころ

太夫の語り

切腹後の塩谷判官(えんやはんがん)は、手負いの息遣いですが、大名の品格を保ち、苦痛をあらわにすることはありません。太夫は、腹に力を籠め呼吸の乱れを表現するといいます。「我が鬱憤を晴らさせよ」は、無念さを、ゆっくりと絞り出すように語られます。

三味線

この段は、全体に三味線の手数は多くありません。ぐっと息を詰めた一撥の音色や余韻に、緊張感がこもります。

見どころ

人形の動き

切腹後は、大きな動きはありませんが、肩の上下で乱れる息遣いや、わずかな震えで無念を表現します。

ページの先頭に戻る