大衆芸能編 寄席

寄席への招待 寄席へ出かける

現代の寄席を紹介

木馬亭 浅草寺の近くにある、日本唯一の浪曲の定席。講談も演じられ、一席の持ち時間が長く、ゆっくり楽しめます 所在地:東京都台東区浅草2-7-5 席数:131席

浅草寺(せんそうじ)の近くにある日本唯一の浪曲の定席です。木馬亭は木馬館という建物の1階にあり、2階は大衆演劇の劇場として知られています。

毎月1日から7日までの昼間に浪曲の定席公演が行われています。浪曲の合間に1本だけ講談が入るのが特色になっています。落語と違って、浪曲も講談も1席の持ち時間が30分ほどあり、たっぷり聴けるのが魅力です。客席数は131席とこぢんまりしているので、演芸を間近で楽しむことができます。伝統芸である浪曲を若い人にも聴いてもらいたいという願いから、25歳以下の入場料は半額というユニークな割引制度もあります。

木馬亭はこの他、講談やお笑い、落語、民謡などの公演、演劇や音楽ライブといったさまざまな催しが行われる場所でもあります。また浪曲の企画公演も行われており、東京では聴く機会の少ない関西の浪曲師が口演したりして好評を博しています。


ここでは、2013年3月現在の情報を元に紹介しています。

時間、入替の有無等は、変更になる場合もありますので、詳しくは直接お問い合わせください。

ページの先頭に戻る