大衆芸能編 寄席

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 寄席早わかり
  • 寄席の芸能
  • 寄席の歴史
  • 寄席への招待
前のページにもどる

寄席の歴史

  • 芸能全体
  • 落語の歴史
  • 講談の歴史
  • 浪曲の歴史
  • 漫才の歴史
  • 太神楽の歴史
  • 奇術の歴史

落語の歴史

興行としての成立

天明・寛政期に再び江戸に落語ブームが訪れます。初代烏亭焉馬(うていえんば)は落とし噺(おとしばなし)の会を定期的に主催し、江戸落語を盛り返しました。落語の寄席も始まり、初代三笑亭可楽(さんしょうていからく)は初めての職業落語家として活躍しました。

『春色三題噺』 江戸時代の高座風景

『春色三題噺』
江戸時代の高座風景

10代将軍・徳川家治(とくがわいえはる)と11代将軍・徳川家斉(とくがわいえなり)の治世の時代であった天明・寛政期(1781年~1801年)頃、江戸に再び落語ブームが訪れました。大工が本業で、狂歌師・戯作者としても活躍した初代烏亭焉馬は、天明6年(1786年)に新作落とし噺の会を主催して好評を博しました。その後、定期的に会が開かれるようになり、江戸落語が再び盛んになります。こうして焉馬は江戸落語中興の祖と呼ばれるようになりました。

寛政期(1789年~1801年)になると、江戸で浄瑠璃小唄、軍書読み、説教などが流行し、聴衆を集め、席料をとるようになります。これを寄せ場、あるいは寄せと呼び、現在の寄席につながっていきます。落語では寛政3年(1791年)に大坂の岡本万作(おかもとまんさく)が江戸へ下って、江戸で初めての寄席興行を行いました。また寛政10年(1798年)には、くし職人だった初代三笑亭可楽が寄席興行を行いました。これは失敗に終わりましたが、可楽は修行を続け、客に3つの言葉を出してもらい、その言葉を噺(はなし)の中に登場させて一席にまとめる三題噺や、線香が1分(ぶ)[約3ミリ]燃え尽きる短い間に即興で落とし噺を演じる一分線香即席噺(いちぶせんこうそくせきばなし)や、謎解きで人気を得ます。さらに優秀な門人も多数育て、江戸の職業落語家の元祖となりました。

狂歌師(きょうかし)

短歌の形式で社会風刺や笑いを詠んだ「狂歌」の作者

閉じる
落とし噺(おとしばなし)

最後に「落ち」のある噺

閉じる
浄瑠璃(じょうるり)

三味線を伴奏にした語り物。義太夫節・常磐津節・清元節・新内節などの流派がある

閉じる
小唄(こうた)

幕末に端唄から派生した三味線歌曲。端唄と比べてはやくさらっとした演奏が特徴

閉じる
説教(せっきょう)

仏教の教えを人々に語り伝えること

閉じる

ページの先頭に戻る