大衆芸能編 寄席

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 寄席早わかり
  • 寄席の芸能
  • 寄席の歴史
  • 寄席への招待
前のページにもどる

寄席の歴史

  • 芸能全体
  • 落語の歴史
  • 講談の歴史
  • 浪曲の歴史
  • 漫才の歴史
  • 太神楽の歴史
  • 奇術の歴史

漫才の歴史

しゃべくり漫才の誕生

万才の古いスタイルを捨てて、会話だけの漫才を始めたのがエンタツ・アチャコです。彼らは日常の話題を題材とし、全国的な人気を得ました。台本を作る漫才作者も生まれ、表記も「漫才」となりました。

横山エンタツ・花菱アチャコ(株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー所蔵)

横山エンタツ(右)・花菱アチャコ(左)

昭和の初めに今までの万才のスタイルを捨て、背広を着て会話だけで漫才を演じたのが横山エンタツ・花菱アチャコ(はなびしあちゃこ)のコンビです。「きみ」「ぼく」という言葉を使い、日常的な話題を題材としました。なかでも有名な演目が『早慶戦(そうけいせん)』です。プロ野球がない時代に人々の注目を集めていたのが東京六大学野球で、特に早慶戦は人気がありました。2人は野球を知っている者と知らない者の会話という設定で、ラジオの実況中継風な演出も入れて演じました。NHKラジオ放送やレコードで広く日本中に知られるところとなり、エンタツ・アチャコは全国的な人気を得ました。後に寄席でのコンビは解消しても、喜劇映画の共演は続きました。

2人の漫才に台本作者として携わったのが秋田實(あきたみのる)です。秋田は漫才作者としてさまざまなコンビに新作漫才の台本を提供しました。

このような気運の中、昭和8年(1933年)に吉本興業が「漫才」という表記を始め、翌年の新橋演舞場での興行を「特選爆笑漫才大会」としました。

ページの先頭に戻る