大衆芸能編 寄席

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 寄席早わかり
  • 寄席の芸能
  • 寄席の歴史
  • 寄席への招待
前のページにもどる

寄席の歴史

  • 芸能全体
  • 落語の歴史
  • 講談の歴史
  • 浪曲の歴史
  • 漫才の歴史
  • 太神楽の歴史
  • 奇術の歴史

漫才の歴史

演芸へと移行する万歳

名古屋万歳の2代目伊六(いろく)から万歳を習った玉子屋円辰(たまごやえんたつ)は江州音頭(ごうしゅうおんど)と笑いが一体化した演芸を行い、名古屋万歳と称して人気を集めました。これ以降、さまざまな形態の万才が演じられるようになりました。

砂川捨丸・中村春代(大阪府立上方演芸資料館所蔵(ワッハ上方))

砂川捨丸・中村春代

尾張万歳の一つである名古屋万歳は、幕末には小屋掛けの演芸として演じられるようになりました。そこで演じられたのは楽器演奏の三曲万歳です。歌舞伎のパロディーを演じた後に小咄(こばなし:短い笑い話)や謎掛け、数え歌で楽しませました。人気があったのが2代目伊六で、明治から大正にかけて軽口やの芸を取り入れた伊六万才の名で興行しました。伊六に万才を習ったとされるのが、江州音頭の音頭取りであった玉子屋円辰でした。大阪・千日前で興行し、軽口や謎かけ、ものまねなどを取り入れて、江州音頭と笑いが一体化した演芸を名古屋万歳の名で演じて人気を集めました。これ以降、江州音頭の音頭取りが音頭の間に笑いを取り入れて、万才として演じるようになります。ここから派生して、民謡、どじょうすくい、浪花節(なにわぶし)、音曲(おんぎょく)、日本舞踊、芝居、ものまねなど、それぞれの演者が得意とする芸に、太夫(たゆう)と才蔵(さいぞう)の掛け合いの笑いを加えたものを総称して、万才と呼ぶようになりました。そして東京にも進出し、東京っ子による東京万才も大正時代には生まれています。

この時期に「高級萬歳」と称し、紋付に袴という正装で舞台に出て大劇場に進出したのが砂川捨丸(すながわすてまる)です。捨丸は晩年まで古い形の万才を演じて人気を得ていました。

俄(にわか)

歌舞伎のパロディのような即興芝居。俄狂言の略。茶番とも

閉じる

ページの先頭に戻る