大衆芸能編 寄席

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 寄席早わかり
  • 寄席の芸能
  • 寄席の歴史
  • 寄席への招待
前のページにもどる

寄席の芸能

大衆芸能のあらまし
  • 落語
  • 講談
  • 浪曲
  • 漫才
  • 太神楽
  • 奇術
  • その他の芸能

江戸落語と上方落語

上方落語(かみがたらくご)の魅力とは上方落語には大道で演じられていた頃の演出が残されていると同時に、上方情緒が濃厚に漂う「ハメモノ入り」という落語があります。東京の落語と比較しながら、見どころや聞きどころもいっぱいな、その魅力に迫ります。
古くから文化の中心であり、大衆芸能においても江戸と互いに影響を与えあってきた京・大坂などの上方には、今も独自のかたちを備えた落語があります。
お囃子の活用

上方落語には三味線や鳴り物が入る「ハメモノ入り」の落語が多くあります。江戸っ子は華やかさよりも渋さを好む傾向がありましたが、上方の人々は派手で陽気な演出を好むところがあります。そのような観客の好みに合わせて生まれた演出です。ハメモノが入ることによって、噺が陽気で明るくなります。旅をテーマにした噺では、「その道中の陽気なこと」と演者が言うのに合わせて、演奏が始まり、旅の浮き浮きした気分を表現します。また遊廓などのお座敷の場面では、お囃子で上方情緒が濃厚に漂います。

独自な見立て

落語家の前に、見台(けんだい)という小さな机と、足を隠す膝隠(ひざかくし)という小さな衝立てが置かれます。見台の上には小拍子(こびょうし)という小さな拍子木が置かれ、演目に応じて演者がこれをカチャカチャと叩くので、にぎやかな感じになります。

これは大道で興行をしていた辻噺(つじばなし)の頃に、音を立てて人を呼び込もうとしたことの名残といわれています。場面の切り替えや時間の経過を表す演出上の効果として使われたりしています。

演目の交流と相違

上方落語に対して、江戸の落語を江戸落語と呼ぶことがあります。江戸落語には上方落語から伝えられた演目が数多くあります。

ただし、東西の気風の違いが演出の違いにも表れています。例えば、上方の人々は江戸っ子よりも笑いを貪欲(どんよく)に追求します。貧乏長屋の住人が花見に出かける噺は、江戸落語では「長屋の花見」といい、上方落語では「貧乏花見」といいます。「長屋の花見」では、貧乏をしていても花見をするような風流心を忘れないことが大事だ、と描かれることが多いのに対して、「貧乏花見」では、貧乏のどこが悪いのだ、といったバイタリティが強く感じられます。

辻噺(つじばなし)

野外で笑い話などを聞かせて、聴衆からお金をもらうこと

閉じる

ページの先頭に戻る