大衆芸能編 寄席

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 寄席早わかり
  • 寄席の芸能
  • 寄席の歴史
  • 寄席への招待
前のページにもどる

寄席の芸能

大衆芸能のあらまし
  • 落語
  • 講談
  • 浪曲
  • 漫才
  • 太神楽
  • 奇術
  • その他の芸能

落語早わかり

  • 芸の特徴
  • マクラ+本題+サゲで構成
  • 会話構成による描写と展開
  • 上手(かみて)と下手(しもて)を描き分ける
  • しぐさと小道具
  • 想像力を引き出す演出法
  • 主な演目と種類
  • 古典と新作
  • 個性あふれる数百もの演目
  • 演目紹介
  • 芸の修業
  • 前座・二ツ目・真打
  • 前座の仕事
  • 江戸落語と上方落語
  • 上方落語の魅力とは
  • 登場人物と庶民の暮らし
  • 落語の登場人物
  • 長屋の様子
  • 時刻とお金の数え方

おかしな話で笑いを誘う「落とし噺(ばなし)」

『おつこちはなし』表紙

『おつこちはなし』表紙

滑稽(こっけい)な話や人情に訴える話を、座って1人で演じる芸が落語です。おもに登場人物の会話によって物語を進めます。演者は通常、扇子と手ぬぐいのほかは何も持たずに、身振りと話だけでいろいろな役柄を演じ分けます。

話の最後には、気のきいた結末がつけられることが多く、これを「落ち[オチ]」や「下げ[サゲ]」といいます。「落語」という名も、もともと「落とし噺」と呼ばれたことに由来しています。

また、落語は「はなし」と呼ばれることもあり、落語家のことを「噺家(はなしか)」ともいいます。

古くからの演目がさまざまに工夫されて演じられる一方、新しい演目も次々と生まれています。

江戸時代に盛んとなった庶民の話芸

武士や貴族など、当時の上流層に好まれた滑稽な話が、庶民のあいだでも人気を集めるようになったのは、江戸時代の半ばのこと。

江戸や大坂などの大都市に、現代のかたちに近い寄席ができ、話すことを専門にする職業落語家たちが生まれました。やがて芝居や音曲(おんぎょく)など、他の芸能と触れ合うなかから、演目の幅も大きく広がり、単なる滑稽話にとどまらない間口の広い話芸となっていったのです。

その後、明治維新を経て、出版やレコード、放送など新しいメディアの影響を受けながら落語は成長を続け、現在も寄席を代表する話芸となっています。

落とし噺(おとしばなし)

最後に「落ち」のある噺

閉じる
落ち[下げ]

落語の本題の最後を洒落や語呂合わせや機転の利いた言葉で締めくくる文句

閉じる

ページの先頭に戻る