大衆芸能編 寄席

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 寄席早わかり
  • 寄席の芸能
  • 寄席の歴史
  • 寄席への招待
前のページにもどる

寄席の芸能

大衆芸能のあらまし
  • 落語
  • 講談
  • 浪曲
  • 漫才
  • 太神楽
  • 奇術
  • その他の芸能

講談早わかり

  • 芸の特徴
  • 歴史物語を読み上げる
  • 自ら調子を取る一人芸
  • 主な演目と種類
  • 社会事象も題材に
  • 題材に注釈を付け構成
  • 演目紹介
  • 芸の修業
  • 声の鍛錬
  • コラム
  • 同じ演目が落語、浪曲に

おもに歴史にちなんだ物語を読み聞かせる芸

『群談読物高名鏡』 講談師を相撲の番付に見立てた「見立番付」

『群談読物高名鏡』
講談師を相撲の番付に見立てた「見立番付」

講談はおもに武将や偉人の物語など、歴史にちなんだ話を、座って1人で読み聞かせる芸です。釈台という机を前に置き、戦物語(いくさものがたり)を読む時は、その上に本をのせて読み進みます。和紙で作った張り扇(はりおうぎ)というもので釈台をたたいて、読む調子を助けたりもします。特に戦いの場面では「修羅場(しゅらば)」という、リズミカルな読み方をするのが特徴です。

現在では観客の好みに合わせて、さまざまな演目が加えられ、外国の物語も演じられています。また現代が舞台となるなど、新しい演目も生まれています。

歴史に学ぶものから話芸を楽しむものへと変化

軍談などを通じて、歴史から教訓を学ぶことを目的としていたものが話芸を楽しむものへと変化していったのは、江戸時代半ばから後期にかけてのことです。軍談のような堅い歴史ものだけでなく、世相風俗を描く分かりやすい内容のものも演じられるようになりました。明治になると講談から歌舞伎の題材となる演目も生まれます。また、政治を批判する講談を専門に読む講談師も現れました。

明治半ば以降は、同じ演目を扱うことの多い浪曲に人気の座を奪われますが、豪傑などの講談を少年向けの読み物として出版した本は大人気となりました。

講談は、昭和まで男性の話芸として継承されてきましたが、昭和50年代以降は女性演者が増え続け、現在では男性演者の数を上回っています。それにつれて、女性に合った演目が増えるといった変化も表れています。

ページの先頭に戻る