大衆芸能編 寄席

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 寄席早わかり
  • 寄席の芸能
  • 寄席の歴史
  • 寄席への招待
前のページにもどる

寄席の芸能

大衆芸能のあらまし
  • 落語
  • 講談
  • 浪曲
  • 漫才
  • 太神楽
  • 奇術
  • その他の芸能

太神楽早わかり

  • 芸の特徴
  • 舞・曲芸・話芸・鳴り物
  • 太夫と後見のコンビ
  • 主な演目と種類
  • 太神楽十三番とは
  • 由緒や縁起が宿る演目
  • 演目紹介
  • 芸の修業
  • 撥(ばち)5年、毬(まり)5年
  • コラム
  • 漫才と掛け合い噺
  • どんつくと歌舞伎

信仰と結びついて獅子舞や曲芸を見せる芸

『当世流行見立』 歌川国芳 画

『当世流行見立』
歌川国芳 画

太神楽は、獅子舞と曲芸が伊勢神宮や熱田神宮の信仰と結びつくことによって、江戸時代に成立しました。疫病や悪霊を払う力があると信じられている獅子舞を、正月や祝いの日に行います。太神楽の獅子舞は、2人で獅子頭(ししがしら)をかぶって舞います。また開いた和傘の上で鞠(まり)や桝(ます)を回したり、くわえた撥(ばち)の上に土瓶(どびん)を乗せたりする曲芸や、時には歌舞伎のパロディーである茶番を2人で演じたりもします。

江戸時代末に寄席に進出

幕末には寄席がいっそう人気となり、新たな芸が求められるなか、それまでは大道で行われていた太神楽も、寄席へ進出することになります。

舞台芸としての太神楽は、しだいに演目にも変化が生じ、たとえば昭和の初め頃まではよく行われていた茶番や掛け合い噺などは、演じられる機会が少なくなっていきました。現在の寄席における太神楽は、技を見せる曲芸に重点が置かれています。

ページの先頭に戻る