大衆芸能編 寄席

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 寄席早わかり
  • 寄席の芸能
  • 寄席の歴史
  • 寄席への招待
前のページにもどる

寄席の芸能

大衆芸能のあらまし
  • 落語
  • 講談
  • 浪曲
  • 漫才
  • 太神楽
  • 奇術
  • その他の芸能

主な演目と種類

由緒や縁起が宿る演目信仰に関わる神事として生まれたことから、太神楽の演目一つひとつには、それぞれの由来と意味が備わっています。そこには、災いをとり除き幸運を願う、人々の想いが込められているのです。
寿獅子舞

寿獅子舞

伊勢神宮や熱田神宮の、お札を配ることが始まりとされる太神楽は、今も神事と深い関わりをもっています。その代表的なものが獅子舞や恵比寿大黒舞です。獅子は悪魔を祓(はら)うものであり、恵比寿は豊漁の神、大黒は商売繁盛の神です。現代の寄席でも、お正月の頃には、太神楽で獅子舞が演じられるのを見ることができます。

また祭囃子も祝いの場だけでなく葬式でも演奏され、神事には欠かせないものです。曲芸に用いる撥(ばち)の先の赤い部分が御神火を表していたり、傘や末広一万燈の立物(すえひろいちまんとうのたてもの)には幸運を願う意味合いが込められていたりします。

高度な技術で楽しませる太神楽の曲芸は、西洋のジャグリングと似ている面もあり、両者の交流も行われています。しかし、あくまで由緒や縁起にもとづくルーツを保ちながら演じられている点に、太神楽の特徴があるのです。

ページの先頭に戻る