大衆芸能編 寄席

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • 索引
  • 寄席早わかり
  • 寄席の芸能
  • 寄席の歴史
  • 寄席への招待
前のページにもどる

寄席の芸能 大衆芸能のあらまし

寄席の芸能
寄席における色物(いろもの)とは主となる演芸のいろどりとなる芸が色物です。落語が中心の寄席では、落語以外の漫才や奇術などを色物と呼びます。一方、漫才中心の演芸場では落語も色物となります。ただし、落語の寄席では落語よりも歴史が古い講談を色物とは呼びません。

色物とは、主となる演芸のいろどりとなる演芸をいいます。東京ではほとんどの寄席が落語を中心に番組[出演プログラム]を構成しています。この場合、落語以外の芸を色物と呼びます。漫才も奇術も曲芸も色物になります。一方、大阪の吉本興業などの演芸場は、漫才を中心として構成されています。この場合は落語も色物になります。

ただし、落語中心の寄席の場合、講談は色物とは見なしません。落語よりも講談は歴史が古いので敬意を表しているのです。落語の寄席の看板やポスターでは、落語と講談の演者は黒字で、他の芸の演者は朱色で書くという伝統も残っています。講談中心の寄席で落語が間にはさまれる場合は、落語が色物という扱いになります。

なお、いろどりとなる芸は観客に気分転換をしてもらうねらいもありますので、落語の寄席では曲芸や奇術、紙切りといった見せる芸を、適宜、演目の間にはさむのが普通です。

ページの先頭に戻る