文楽『伊賀越道中双六』は、通称『伊賀越』と呼ばれ、長い間人々に親しまれてきました。道中双六の意味するものとは?どんな物語世界なのか、内容と周辺の情報をお楽しみください。
コンテンツメニュー
このサイトについて
このサイトについて
閉じる

本サイトで紹介している作品名、作品中の登場人物名は、原則として現行作品については国立劇場『文化デジタルライブラリー』公演記録に準じております。

作品名・登場人物名・地名などの読み方について、原文に記載がないものに関しては、現在の文楽や歴史資料から最も適当と思われる読み方を採用しています。

本サイトの各段ごとに掲載している詞章は、国立劇場が発行する「床本集」を基本とし、読みやすさを考慮し、現代仮名遣いへの訂正・送り仮名・漢字表記・句読点・改行等の変更を行っています。

各作品紹介にある「人物相関図」については、本来であれば親をその子供の上位置に、師弟関係、主従関係も同様に配置すべきですが、物語の中心人物を中央に配置しているため、その関係性が崩れている場合がございます。

舞台写真で掲載している演者の代数ついて、省略し、名前の前の[ ]内に算用数字で表記しています。
例:[3]吉田 簑助=3代目吉田 簑助

本サイトで画像に近接して表示している番号は、各所蔵機関の資料番号等です。

本サイトで使用されている全ての画像・映像について、無断転載を禁止します。


ページの先頭に戻る