狂言の演目と鑑賞

前へ木六駄(きろくだ)次へ

  • あらすじ
  • 鑑賞のポイント
  • 詞章

主人が太郎冠者を呼び出し、木六駄(きろくだ) [6頭の牛に積んだ薪]と炭六駄[6頭の牛に積んだ炭]と手作りの酒を都の伯父へ届けるよう命じます。大雪の山道で、冠者は苦労しながら12頭の牛を追います。やっとたどりついた峠の茶屋で酒を注文すると品切れと言われ、冠者はつい贈り物の酒に手を付けてしまいます。飲むうちに上機嫌になって茶屋にも勧め、謡い舞い酒盛りとなり、すっかり飲み干してしまいます。気の大きくなった太郎冠者は木六駄を茶屋に預けて伯父の家へ着きます。手紙の文面を見た伯父に「木六駄はどこだ」と咎められ、「木六駄と改名しました」とごまかして叱られます。大蔵流の山本家では炭六駄はなく、催促に来た伯父が茶屋で酔いつぶれた冠者を見つけるなど、大きく異なる点があります。

  • あらすじ
  • 鑑賞のポイント
  • 詞章

太郎冠者が牛を追って雪の峠道を登っていく場面は、橋掛りから本舞台までずらっと並んだ12頭の牛を表現します。この場面で幕の奥から「サセイ、ホウセイ」と声をかけながら登場するのは、遠くから追ってきた感じを出すための演出です。崖に落ちかかる牛を引き戻したり、切れたわらぐつをかじかむ手で替えてやったりするなど、実際には舞台に登場していない牛がさもそこにいるかのような演技は、役者の力量が要求される見どころです。また、酒盛りでの舞、叔父に問いつめられた冠者の酔った受け答えなどにも演技力が発揮される大曲です。伯父に手紙を見せられ、「こりゃ筆者の誤りじゃ」ととぼける冠者のせりふは、能『俊寛(しゅんかん)』で赦免状を読む場面のシテの謡「さては筆者の誤りか」のパロディになっています。

  • あらすじ
  • 鑑賞のポイント
  • 詞章

[動画中の詞章/太郎冠者が雪の峠道を牛を追う場面より]
太郎冠者「ホウセイ、ちゃうちゃうちゃう、ちゃうちゃうちゃう・・・ああこりゃこりゃ、そこは崖ぢゃ荷がかへる。こちへ寄りおれ。さてもさても世話を焼かしおることかな。ははあ、降るわ降るわ、これまた真っ黒になって降る」

...読み込み中

...読み込み中

...読み込み中

ページの先頭に戻る