狂言の演目と鑑賞

前へ福の神(ふくのかみ)次へ

  • あらすじ
  • 鑑賞のポイント
  • 詞章

2人の男が、福の神の社に年越しのお参りにやってきて、参拝を済ませて豆をまきはじめると、笑い声がして福の神が現れます。福の神は自分から名乗ると神酒(みき)を催促し、酒奉行である松の尾の大明神に神酒を捧げてから自分も飲み干します。そして、豊かになるには元手がいると2人に話します。2人が、元手がないからここに来たと反論すると、福の神は「元手とは金銀や米などではなく、心持ちのことだ」とさとします。さらに、早起き、慈悲、人付き合いを大切にすること、夫婦仲よくすることを説くとともに、わたしのような福の神に美味しい神酒をたくさん捧げれば楽しくなること間違いないと言って、謡い舞い、朗らかに笑って帰っていきます。

  • あらすじ
  • 鑑賞のポイント
  • 詞章

「笑う門には福来たる」という言葉がありますが、ここに登場する福の神も、大きく高く「ウワアッハッハッハッ」と笑いながら出てきます。福を与える条件について、特別な修行を要求するわけではなく、誰もが心得るべき日常の教訓を説くだけで親しみやすく、二言目には神酒(みき)をねだるなど人間くさくて笑いを誘います。福の神の登場には、「福は内、福は内」と豆がまかれます。豆まきは、現在では節分の行事ですが、もともとは大晦日に宮中で行われていた「追儺(ついな)」または「鬼やらい」という、悪鬼を追い払うためにいり豆をまく儀式でした。節分が立春の前日で、旧暦の正月に近いため大晦日の行事と混同されたようです。

  • あらすじ
  • 鑑賞のポイント
  • 詞章

[福の神が神酒(みき)を催促する場面より]

福の神「汝らは、毎年毎年、奇特に歩みをはこぶなあ」
参詣人甲乙「ハアー」
福の神「イヤ、いつも福の神へ神酒をくるるが、きょうはなぜにくれぬ」
参詣人甲「はったと失念致しましてござる」
参詣人乙「急いであげさせられい」
参詣人甲「心得ました。ハ、神酒でござる」
福の神「これへつげ」
参詣人甲「畏(かしこ)まってござる」
福の神「オオ、ちょうどある」
参詣人甲「なみなみとござる」

参照:「狂言はやわかり>演技>擬音」で「酒を注ぐ演技」を鑑賞できます。

『福の神(ふくのかみ)』

『福の神』[大蔵流]
シテ[福の神]/4代目・茂山千作
2008年[平成20年]9月26日 国立能楽堂開場25周年記念公演 [写真:青木信二(国立能楽堂)]

ページの先頭に戻る