歌舞伎舞踊の作品と表現

作品概要

通称 三社祭
本名題(ほんなだい) 弥生の花浅草祭
(やよいのはなあさくさまつり)
初演年度 天保3年(1832年)
音楽 清元
題材による分類 祭礼物風俗舞踊変化物

三社祭とは、今日も行われている浅草神社(あさくさじんじゃ)のお祭りです。江戸時代も大きなお祭りの1つでした。浅草神社は通称を三社様(さんじゃさま)といい、浅草寺(せんそうじ)の本尊である観音像を網打ちで引き上げた、浜成(はまなり)・竹成(たけなり)兄弟の漁師と、その主人を祀った(まつった)神社です。明治に入るまで浅草神社と浅草寺は一体だったのです。

歌舞伎舞踊の『三社祭』は、元は3段の構成で三社祭の屋台の山車人形が動き出すというものでした。幕が開くと、舟に乗った2人の漁師が身体を揺するのは、この山車人形のつもりです。この作品で竹成は武成という表記になりました。

前段は漁師の姿のまま、当時流行の唄で軽快に展開します。後段になると善玉・悪玉が2人に乗り移り、「悪」と「善」と書かれた面をそれぞれにかぶり、前段よりさらにエネルギッシュなキビキビとした踊りになります。身体を縦横に使った動きがテンポよく、爽快な作品です。

文化デジタルライブラリー

ページの先頭に戻る