文化デジタルライブラリー 歌舞伎編・その壱
歌舞伎俳優と演技
見得について
六方について
歌舞伎十八番
メインメニューへ
自由に調べるへ
ストーリーに戻る
次のストーリーへ進む
暫 矢の根 鎌髭 勧進帳 不動 七つ面
鳴神 助六 蛇柳 象引 押戻 解脱
毛抜 景清 嫐 関羽 不破 外郎売
7代目市川團十郎さんが息子の市川海老蔵【いちかわえびぞう】に8代目を襲名【しゅうめい】させたときに制定した18演目【えんもく】を「歌舞伎十八番」っていうんだよ。
五郎
 

 歌舞伎十八番【かぶきじゅうはちばん】は、7代目市川團十郎【いちかわだんじゅうろう】によって1832年(天保【てんぽう】3年)に定められました。初代から4代目までの團十郎が、初めて演じてしかも得意にしていた18の作品を集めたものです。
 その内容は、一番新しい作品でも当時から50年も前に上演されたものでした。そのため、先祖の團十郎が得意にしていたことはわかっていても、作品の中味がはっきりしないものも多く含【ふく】まれています。例えば、『関羽【かんう】』や『蛇柳【じゃやなぎ】』などです。これらの作品は、後に復活されていきます。
 代々の團十郎は荒事【あらごと】を最も得意としたため、歌舞伎十八番の役はほとんどが荒事です。明治
時代以降、さまざまな俳優が家の芸を決めましたが、市川團十郎家の歌舞伎十八番は、その最初といえます。

     
Copyright 2001 Japan Arts Council, All rights reserved.

ページの先頭に戻る