伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

二代目尾上多見蔵の梅雀の音松にだいめおのえたみぞうのばいじゃくのおとまつ

null

NA0076509000

配役

梅雀の音松 / [2代目] 尾上 多見蔵おのえ たみぞう

落款 春清画しゅんせい ( 勝川 春清かつかわ しゅんせい )
登録No.

0076509-000-001

図録No.

15068

枚数

1枚

寸法(mm)

380×266

絵師

春清画しゅんせい ( 勝川 春清かつかわ しゅんせい )

版元

利倉屋 新兵衛としくらや しんべえ

図録分類

見立絵

備考1

絵師の勝川春清の活躍期から推して文政期の制作と考えられる。2代目尾上多見蔵はよく江戸と京阪を行き来したが、その初めは3代目尾上菊五郎の弟子となって江戸へ下った文政4年(1821)。帰阪した文政6年頃の姿か。
江戸後期

図版の説明はこちら。

図版説明を見る

備考2

図中の文は図版解説を参照。

改印情報 和暦 文政期頃ぶんせい
所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る